(Source: youtube.com)

phoods:

the saturday soup – vegetarian pho

phoods:

the saturday soup – vegetarian pho

(via kagurazakaundergroundresistance)

Happy Family RETURNS!

‘Minimal Gods’ out September 30, 2014 on Cuneiform Records.

http://www.cuneiformrecords.com
http://www.twitter.com/cuneiformrecord
http://www.facebook.com/cuneiformrecords
https://plus.google.com/+CuneiformRecords
http://www.youtube.com/CuneiformRecords

sasaq:

肉魚フライ2種にツインソース。もしやソースをかけ間違ってないかと心配中。 (via Oh! Bento Labo)

sasaq:

肉魚フライ2種にツインソース。もしやソースをかけ間違ってないかと心配中。 (via Oh! Bento Labo)

(via sukoyaka)

(via いちばん昭和の夏を思い出す画像を貼った奴が優勝:哲学ニュースnwk)

(via いちばん昭和の夏を思い出す画像を貼った奴が優勝:哲学ニュースnwk)

(via 【西新宿ラーメン紀行】つけ汁に麺が入らない! 圧倒的チャーシューに衝撃を受ける「らぁめん ほりうち」 | ロケットニュース24)

(via 【西新宿ラーメン紀行】つけ汁に麺が入らない! 圧倒的チャーシューに衝撃を受ける「らぁめん ほりうち」 | ロケットニュース24)

"まずフランスで、そして今度は日本で、RIO という名称がまた取り上げられるようになったのは、たとえそれが意味するところが変化してきているにしても、素晴らしいことであると思う。最初は新しい音楽の形と既存の大手レーベルやプロモーターたちから独立することを勝ち取るためのミュージシャン主導の闘いということだったわけだけれども、今はその時代とその当時のバンド、そして現在活動しているバンドにインスピレーションを与えてくれた音楽へのリスペクト、というような意味になってきているようだ。RIOは1980年にその使命を果たして終焉を迎えたけれども、その後30年の時を経てその歴史に対する新しい理解がゆっくりと形成されRIOに新しい意味と新しい生命を与えつつある。それはまさしくそうあるべき方向に向かっているのだと思える。RIOはもう遠い過去にわれわれのものではなくなった。今RIOはあなた方のものである。どうか大事にしてほしい。"

クリス・カトラーよりRiO JAPANに寄せて

(via クラウトロックのカタログ本『クラウトロック大全』が刊行決定 - amass)

(via クラウトロックのカタログ本『クラウトロック大全』が刊行決定 - amass)

Black Sabbath - Germany 1970 new footage (by niceclips2)